dos(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: support

要件:MathScript RTモジュール (Windows)

構文

dos(command)

dos(command, '-echo')

[code] = dos(command)

[code] = dos(command, '-echo')

[code, output] = dos(command)

[code, output] = dos(command, '-echo')

説明

現在の作業ディレクトリでWindowsコマンドまたはDOSコマンドを実行します。LabVIEWランタイムエンジンでこの関数を呼び出す場合、LabVIEWはスタンドアロンアプリケーションまたは共有ライブラリにインストールしたディレクトリでコマンドを実行します。この関数は「システム実行」VIに似ています。

サンプル

入力

名前 説明
command 実行するWindowsコマンドまたはDOSコマンドを指定します。commandは文字列です。実行を継続する前に、LabVIEWはオペレーティングシステムがコマンドの実行を完了するのを待機します。オペレーティングシステムがコマンドの実行を完了するのを待機しないようにLabVIEWに指示するには、&command文字列の末尾に追加します。
'-echo' LabVIEW MathScriptウィンドウコマンドウィンドウに出力が表示されるよう指定します。

出力

名前 説明
code コマンドのリターンコードを返します。
output コマンドの出力文字列を返します。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

[code, result] = dos('help')

[code, result] = dos('ipconfig', '-echo');

dos('explorer')

関連項目

system



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった