errorbar(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: plots

要件:MathScript RTモジュール

構文

errorbar(x, e)

errorbar(x, y, e)

errorbar(x, y, b, a)

errorbar(x, e, attributes)

errorbar(x, y, e, attributes)

errorbar(x, y, b, a, attributes)

説明

エラーバーのプロットを生成します。エラーバーは各プロットポイントのデータの不確定性を表します。

サンプル

入力

名前 説明
x プロットするベクトルまたは行列を指定します。
y プロットするベクトルまたは行列を指定します。sizeysize(x)と等しくなければなりません。
e エラーバーの長さを指定します。各エラーバーの長さは、2*eと同じです。プロットポイントの上下の長さは、eと同じです。eは行列またはベクトルです。size(e)はsize(x)と等しくなければなりません。
b プロットの下のエラーバーの長さを指定します。xは行列またはベクトルです。size(b)はsize(x)と等しくなければなりません。
a プロットの上のエラーバーの長さを指定します。aは行列またはベクトルです。size(a)はsize(x)と等しくなければなりません。
attributes プロット属性を指定します。プロット属性は、色、ポイントスタイル、ラインスタイルの順に並べます。たとえば、'bo-'はポイントを円で示す青い実線プロットを表します。 attributesは以下の値の組み合せを受け入れる文字列です。

'b' プロットの色を青に指定します。
'c' プロットの色をシアンに指定します。
'g' プロットの色を緑に指定します。
'k' プロットの色を黒に指定します。
'm' プロットの色をマゼンタに指定します。
'r' プロットの色を赤に指定します。
'w' プロットの色を白に指定します。
'y' プロットの色を黄色に指定します。
'.' ポイントを点で示します。
'o' ポイントを円で示します。
'x' ポイントをクロスで示します。
'+' ポイントをプラス記号で示します。
'*' ポイントをアスタリスクで示します。
'-' 実線を使用します。
':' 点線を使用します。
'-.' 破線と点の組み合せを使用します。
'--' 破線を使用します。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ(常に無視)
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

x = -5:5;
e = rand(1, 11);
errorbar(x, e, 'bo-')

関連項目

plot



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった