exist(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: membership

要件:MathScript RTモジュール

構文

c = exist(a)

c = exist(a, option)

説明

変数、ファイル、LabVIEW MathScript関数、ディレクトリの有無を確認します。

サンプル

入力

名前 説明
a 有無を確認する変数、ファイル、関数、ディレクトリの名前を指定します。 aは文字列です。
option 検索する項目のタイプを指定します。 optionは以下の値を受け入れる文字列です。

'dir' ディレクトリの有無を確認します。
'file' ファイルまたはディレクトリの有無を確認します。
'function' MathScript関数の有無を確認します。ユーザ定義のMathScript関数は検索されません。
'var' 変数の有無を確認します。

出力

名前 説明
c aの有無を確認します。 cは、以下の値を返す整数です。

0 aがありません。
1 aは使用されている変数です。
2 aは既存ファイルを開きます。
5 aはMathScript関数です。
7 aは既存ディレクトリです。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

パフォーマンス低下の要因となる(警告グリフ はい
LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

A = 'I do exist'
C = exist('A')

関連項目

dir
is_empty



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった