fft(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: transforms

要件:MathScript RTモジュール

構文

c = fft(a)

c = fft(a, b)

c = fft(a, b, d)

c = fft(a, [], d)

説明

高速フーリエ変換(FFT)をFFT VIと同じ要領で計算します。

サンプル

入力

名前 説明
a 倍精度浮動小数点数または複素倍精度浮動小数点数のベクトルまたは行列を指定します。
b 信号へのゼロパディングを調節します。bは整数で、通常は2の累乗です。
d FFTを実行するaの次元を指定します。dは整数です。
[] adを指定し、bを指定しないことをLabVIEWに認識させます。

出力

名前 説明
c aの高速フーリエ変換を返します。aがベクトルの場合、c = fft(a)は離散フーリエ変換(DFT)を返します。aが行列の場合、c = fft(a)aのすべての列の列単位の高速フーリエ変換を返します。cは行列またはベクトルです。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

A = [1, 2, 3, 4, 4, 3, 2, 1]
C = fft(A, 8)

関連項目

fft2d
fftshift
ifft
ifft2d



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった