figure(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: plots

要件:MathScript RTモジュール

構文

figure

figure(a)

figure(name1, value1, ..., nameN, valueN)

obj = figure

obj = figure(a)

obj = figure(name1, value1, ..., nameN, valueN)

説明

新しいプロットウィンドウを作成するか、plotsクラスのコマンドで作成されたプロットウィンドウを有効にします。figureは、次のplotコマンド用に新しいウィンドウを生成します。figure(a)では、aが現在のプロットになります。figure(name1, value1, ..., nameN, valueN)は、指定する属性名と値に基づいて、新規または現在のプロットのプロットウィンドウ属性を設定します。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
a プロットウィンドウにリファレンスを指定します。プロットウィンドウaが存在する場合、figure(a)はそのプロットウィンドウを現在のウィンドウとして表示します。プロットウィンドウaがない場合、figure(a)は、新しいプロットウィンドウを作成して、数値aを割り当てます。aが有効なリファレンスでない場合はエラーが発生します。
name 属性の名前を指定します。nameは文字列です。
value 属性の値を指定します。

出力

名前 説明
obj リファレンスを現在のプロットウィンドウに戻します。objは、プロットウィンドウのリファレンスです。

詳細

LabVIEWランタイムエンジンでは、この関数での出力の要求がサポートされていません。この関数から出力を要求しないか、あるいはスタンドアロンアプリケーションまたは共有ライブラリを作成する前にスクリプトからこの関数を削除します。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい(出力を要求した場合)
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

X = 0:1:10;
plot(X)
figure
Y = X.*X;
plot(Y)

obj = figure;
set(obj, 'Color', 'g', 'Name', 'My MathScript Plot', 'NumberTitle', 'off')

t = 0:0.1:2*pi;
obj1 = figure('Position', [50, 500, 500, 400]);
plot(t, sin(t));
obj2 = figure;
plot(t, cos(t));
p = get(obj1, 'Position');
set(obj2, 'Position', [p(1) + p(3), p(2), p(3), p(4)]);

関連項目

close
get
plot
plot3d
ref_plotwin
set
showplot
subplot
surface



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった