filter(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: filter implementation

要件:MathScript RTモジュール

構文

y = filter(b, a, x)

y = filter(b, a, x, 'direct')

[y, final] = filter(b, a, x, initial)

[y, final] = filter(b, a, x, initial, 'direct')

説明

1次元フィルタを適用します。filterはベクトルと行列だけに適用されます。

サンプル

入力

名前 説明
b 順フィルタ係数を指定します。bはベクトルです。
a 逆フィルタ係数を指定します。最初の逆フィルタ係数が1ではない場合、aの要素は最初の逆フィルタ係数によって正規化されます。aはベクトルです。
x フィルタを適用する信号を指定します。xは実数ベクトルまたは複素ベクトルです。
initial 初期状態を指定します。initialはベクトルです。
'direct' フーリエ変換の代わりに直接コンボリューションを使用するように方向付けします。フーリエ変換はより大きい信号と長いフィルタに対して速くなりますが、少量の丸めノイズが発生します。

出力

名前 説明
y フィルタ処理された信号を返します。yは実数ベクトルまたは複素ベクトルです。
final 最終条件を返します。finalはベクトルです。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

x = 0:0.01:1;
b = [1];
a = [1, 1, 1];
y = filter(b, a, x)

関連項目

filter_2d
filter_fft
filter_zerophase



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった