fir_pm(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: filter design

要件:MathScript RTモジュール

構文

b = fir_pm(n, f, a)

b = fir_pm(n, f, a, filter)

b = fir_pm(n, f, a, w)

b = fir_pm(n, f, a, w, filter)

[b, ripple] = fir_pm(n, f, a)

[b, ripple] = fir_pm(n, f, a, filter)

[b, ripple] = fir_pm(n, f, a, w)

[b, ripple] = fir_pm(n, f, a, w, filter)

従来名: firpm

説明

パークス・マクレランアルゴリズムによって線形位相、等リプル、FIRフィルタを設計します。この関数は、fir_remez関数と同じです。

サンプル

入力

名前 説明
n フィルタ次数を指定します。 nは、正の整数です。 nは、ナイキスト周波数において非ゼロゲインのフィルタに対して均等でなければなりません。nがこの条件を満たさない場合、LabVIEWはnの数値を1増加させます。
f 周波数を指定します。 fは区間[0, 1]で増加する値の実数ベクトルで、0と1はf内でなければなりません。1はナイキスト周波数を表します。
a f周波数の振幅を指定します。 afと同じサイズの実数ベクトルです。
filter 設計する奇数対称フィルタを指定します。 filterは以下の値を受け入れる文字列です。

'differentiator' 微分器フィルタを設計します。
'Hilbert' ヒルベルトフィルタを設計します。
w faに対応する重みを指定します。各バンドに1つずつ重みを指定します。wは、fの半分のサイズです。 wは正の数のベクトルです。

出力

名前 説明
b 次数nのフィルタ係数を返します。 bは実数ベクトルです。
ripple フィルタの最大リプルのサイズを返します。 rippleは正の数です。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

N = 13;
F = [0, 0.1, 0.5, 0.7, 0.8, 1];
A = [0, 1, 1, 1, 0, 0];
W = [1, 10, 1];
B = fir_pm(N, F, A, W)

関連項目

fir_fs
fir_remez
fir_remezord
fir_win



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった