fir_pmord(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: filter design

要件:MathScript RTモジュール

構文

[n, fb, ab, w] = fir_pmord(f, a, ripple)

[n, fb, ab, w] = fir_pmord(f, a, ripple, fs)

従来名: firpmord

説明

指定された仕様の最も次数が低いFIRフィルタの次数と正規化された周波数を返します。設計されたフィルタは、パークス・マクレランアルゴリズムを使用する最適等リプルフィルタです。

サンプル

入力

名前 説明
f フィルタのカットオフ周波数を指定します。fは、間隔が[0, fs/2]の増加する値のベクトルです。
a f周波数の振幅を指定します。aは実数ベクトルです。
ripple バンドごとのリプルの最大偏差を指定します。rippleは実数ベクトルです。
fs サンプリング周波数を指定します。fsは正の数です。デフォルトは2です。

出力

名前 説明
n 概算フィルタ次数を返します。nは、正の整数です。
fb fに対応する正規化された周波数を返します。fbは、間隔が[0, 1]の増加する値の実数ベクトルです。
ab フィルタの振幅を返します。abfbと同じ大きさの実数ベクトルです。
w フィルタの重みを返します。wfbと同じサイズの正の数のベクトルです。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

F = [100, 200];
A = [0, 1];
RIPPLE = [0.05, 0.02];
FS = 500;
[N, FB, AB, W] = fir_pmord(F, A, RIPPLE, FS)

関連項目

fir_fs
fir_pm
fir_remez
fir_remezord
fir_win



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった