fir_rcos(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: filter design

要件:MathScript RTモジュール

構文

b = fir_rcos(n, fc, bw)

b = fir_rcos(n, fc, bw, fs)

b = fir_rcos(n, fc, bw, fs, type)

b = fir_rcos(n, fc, bw, fs, type, d)

b = fir_rcos(n, fc, bw, fs, type, d, w)

b = fir_rcos(n, fc, r, fs, s)

b = fir_rcos(n, fc, r, fs, s, type)

b = fir_rcos(n, fc, r, fs, s, type, d)

b = fir_rcos(n, fc, r, fs, s, type, d, w)

[b, a] = fir_rcos(n, fc, bw)

[b, a] = fir_rcos(n, fc, bw, fs)

[b, a] = fir_rcos(n, fc, bw, fs, type)

[b, a] = fir_rcos(n, fc, bw, fs, type, d)

[b, a] = fir_rcos(n, fc, bw, fs, type, d, w)

[b, a] = fir_rcos(n, fc, r, fs, s)

[b, a] = fir_rcos(n, fc, r, fs, s, type)

[b, a] = fir_rcos(n, fc, r, fs, s, type, d)

[b, a] = fir_rcos(n, fc, r, fs, s, type, d, w)

従来名: firrcos

説明

2乗余弦FIRフィルタを設計します。

サンプル

入力

名前 説明
n フィルタの次数を指定します。nは、正の整数です。
fc フィルタのカットオフ周波数を指定します。fcは、0より大きくfs/2より小さい値でなければなりません。
bw 遷移の帯域幅を指定します。bwは、0より大きくなければなりません。[fc-bw/2, fc+bw/2]は[0, fs/2]の範囲内でなければなりません。
fs サンプリング周波数を指定します。fsは、0より大きくなければなりません。デフォルトは2です。
type 設計するフィルタのタイプを指定します。typeは以下の値を取る文字列です。

'normal' 正規2乗余弦FIRフィルタを設計します。
'sqrt' 平方根2乗余弦FIRフィルタを設計します。
d 遅延を指定します。dは正の整数です。デフォルト値はceil(n/2)です。
w 周波数応答のリップルを低減するためにフィルタに適用する窓を指定します。wは、長さがn+1のベクトルです。
r sの値の値に基づいて遷移の帯域幅またはロールオフ係数を指定します。ロールオフ係数はbw/(2*fc)と等しい値です。
s rが何であるかを指定します。sは以下の値を取る文字列です。

'bandwidth'(デフォルト) rは遷移の帯域幅を指定します。
'rolloff' rはロールオフ係数を指定します。

出力

名前 説明
b 設計中のフィルタの分子を返します。bは実数nの順フィルタ係数です。bは実数ベクトルです。
a 設計中のフィルタの分母を返します。aは次数nの逆フィルタ係数です。aは常に[1]です。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

fir_rcos(5, 0.5, 0.1, 2, 'sqrt')

関連項目

fir_fs
fir_gauss
fir_lsq
fir_win



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった