fit(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: approximation

要件:MathScript RTモジュール

構文

coefs = fit(xdata, ydata, model)

[coefs, bestfit] = fit(xdata, ydata, model)

[coefs, bestfit, residue] = fit(xdata, ydata, model)

説明

カーブフィットモデルの係数を計算します。

サンプル

入力

名前 説明
xdata 独立値を指定します。 xdataは倍精度実数ベクトルです。
ydata 従属値を指定します。 ydataは倍精度実数ベクトルです。
model フィットモデルを指定します。 modelは以下の値を受け入れる文字列です。

'exp1' 指数フィットを指定します。
'linear' 線形フィットを指定します。
'polyn' 次数nの多項式フィットを指定します。
'power1' 累乗フィットを指定します。

出力

名前 説明
coefs モデルのフィット係数を返します。modelpolynならば、coefsは係数を累乗の降順で返します。modellinearの場合、coefsは線形フィットの勾配と切片を返します。modelexp1の場合、coefsは指数フィットの振幅と減衰を返します。modelpower1の場合、coefsは指数フィットの累乗と振幅を返します。 coefsは倍精度実数ベクトルです。
bestfit xdataのポイントで評価された近似曲線の値を返します。 bestfitは倍精度実数ベクトルです。
residue フィット曲線の残差を返します。 residueは倍精度実数スカラです。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

XDATA = 1:0.1:10;
YDATA = 1.532*XDATA.^3-0.001*XDATA.^2+4*XDATA-1;
COEFS = fit(XDATA, YDATA, 'poly3');



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった