fmin_pattern(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: optimization

要件:MathScript RTモジュール

構文

xmin = fmin_pattern(fun, xstart)

[xmin, fval] = fmin_pattern(fun, xstart)

従来名: fminsearch

説明

ダウンヒルシンプレックス法を使用して関数のn次元の最小値を計算します。ダウンヒルシンプレックス法は、不連続関数を最小化するためによく使用されます。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
fun 最小値を計算する関数を指定します。指定する関数は、xstartと同じ長さのベクトルを受け入れ、スカラ値を返さなければなりません。funは文字列です。
xstart funの最小値の検索を開始する点を指定します。xstartは倍精度実数ベクトルです。

出力

名前 説明
xmin funが最小値を含む点を返します。xminは倍精度実数ベクトルです。
fval xminで評価されるfunの値を返します。fvalは倍精度実数スカラです。

詳細

この関数は、LabVIEWランタイムエンジンではサポートされていません。この関数をスタンドアロンアプリケーションまたは共有ライブラリで使用しないでください。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

% The myfun function is defined by:
% function f = myfun(x)
% f = x(1)^2-5*x(1)+3*(x(2)+2)^2+2
[XMIN, FVAL] = fmin_pattern('myfun', [1; 1])

関連項目

fmin_bracket
fmin_nonlin
fmin_nonlincon



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった