fprintf(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: support

要件:MathScript RTモジュール

構文

c = fprintf(format, a)

c = fprintf(fid, format, a)

c = fprintf(format, b, ...)

c = fprintf(fid, format, b, ...)

説明

データをテキスト形式でファイルに書き込みます。

サンプル

入力

名前 説明
fid 書き込むファイルの識別子を指定します。fopen関数を使用してファイルを開き、識別子に割り当てます。 fidは整数です。fidを指定しないと、fprintfデータがテキスト形式となり、そのコンテキストが表示されます。
format ファイルにテキストを書き込む際の形式を指定します。formatは適切な形式指定子の構文を使用する必要があります。formatは文字列です。
a fidで指定されたファイルに書き込むデータを指定します。 aは行列またはベクトルです。
b fidで指定されたファイルに書き込むデータを指定します。bはスカラまたは文字列です。

出力

名前 説明
c fidで指定されたファイルに書き込まれるデータの量を返します。 cは、正の整数です。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

t = 0:0.1:pi;
x = sin(t);
fid = fopen('test.dat', 'w');
c = fprintf(fid, '%f\n', x);
c = fprintf(fid, '%s = %f\n', 'sin(pi)', sin(pi));
fclose(fid);

関連項目

fclose
fopen
fscanf
fseek
fwrite
sprintf
textread



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった