fread_xls(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: support

要件:MathScript RTモジュール (Windows)

構文

fread_xls(file)

fread_xls(file, sheet)

fread_xls(file, sheet, range)

a = fread_xls(file)

a = fread_xls(file, sheet)

a = fread_xls(file, sheet, range)

従来名: xlsread

説明

Microsoft Excelスプレッドシートファイルからデータを読み取ります。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
file 読み取るExcelファイルを指定します。fileは文字列です。
sheet 読み取るfileでスプレッドシートを指定します。sheetは、スプレッドシートの指標を指定する整数、またはスプレッドシートの名前を指定する文字列です。sheetを指定しないと、fileで最初のスプレッドシートからデータが読み取られます。
range 読み取るsheetでデータの範囲を指定します。rangeは文字列です。rangeを指定しないと、sheetからすべてのデータが読み取られます。

出力

名前 説明
a fileからLabVIEWで読み取るデータを返します。

詳細

単一のセルからデータを読み取る場合、'A1'など、セル番号でrangeを指定できます。セルのブロックからデータを読み取る場合、範囲演算子としてコロンを使用してrangeを指定します。たとえば、'A1:B3'のように指定します。ここで、A1B3は、データを読み取るセルのブロックの左上と右下のセルを指定しています。rangeを指定するために範囲演算子を使用する、またはrangeを指定しない場合、範囲内のすべての呼び出しデータはスカラでなくてはなりません。それ以外の場合、この関数はNaNを返します。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

a = magic(3);
fwrite_xls('test', a);
pause(1)
b = fread_xls('test')

関連項目

fwrite_xls



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった