fseek(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: support

要件:MathScript RTモジュール

構文

y = fseek(fid, x, from)

説明

fromで指定するモードに基づいて、現在のファイルマークの位置をxで指定する位置に移動します。

サンプル

入力

名前 説明
fid 読み取るファイルの識別子を指定します。fopenを使用して、ファイル識別子を取得します。fidは整数です。
x fromで指定する位置からのバイトの距離を指定して、ファイルマークを設定します。
from xとファイルマークを設定する位置を指定します。fromは以下の値を受け入れる文字列です。

'bof' ファイルの先頭
'cof' 現在のファイルマーク
'eof' ファイルの末尾

出力

名前 説明
y この関数のステータスを返します。fseekが成功した場合、この関数は0を返します。それ以外の場合、この関数は-1を返します。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

t = 0:0.1:pi;
x = sin(t);
fid = fopen('datafile.dat', 'w+');
c = fprintf(fid, '%f\n', x);
y = fseek(fid, 0, 'bof')
fclose(fid);

関連項目

fclose
feof
fopen
fprintf
fread
frewind
fscanf
fwrite



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった