funmx(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: linalgebra

要件:MathScript RTモジュール

構文

c = funmx(a, fnct)

従来名: funm

説明

正方行列の関数を計算します。1つの変数の有効な関数を表す文字列の関数を指定する必要があります。aが複数の固定値の場合、LabVIEWは有効な結果を返しません。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
a 実数または複素数の正方行列を指定します。
fnct 1つの変数の有効な関数を表す文字列を指定します。

出力

名前 説明
c aと同じサイズの実数または複素数の正方行列を指定します。

詳細

sin(x) + cos(x)およびsqrt(cosh(y))は1つの変数の有効な関数ですが、sin(x) + cos(y)はそうではありません。

この関数は、LabVIEWランタイムエンジンではサポートされていません。この関数をスタンドアロンアプリケーションまたは共有ライブラリで使用しないでください。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

A = rand(100);
C = funmx(A, 'cos(sin(z))');

関連項目

expmx
logmx
rand
sqrtmx



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった