fwrite(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: support

要件:MathScript RTモジュール

構文

c = fwrite(fid, a)

c = fwrite(fid, a, type)

c = fwrite(fid, a, type, s)

c = fwrite(fid, a, type, s, byte)

説明

バイナリデータをファイルに書き込みます。

サンプル

入力

名前 説明
fid データを書き込むファイルの識別子を指定します。fopen関数を使用してファイルを開き、識別子に割り当てます。fidは整数です。
a fidで指定されたファイルに書き込むデータを指定します。 aは行列またはベクトルです。
type fidで指定されたファイルに書き込むaのデータタイプを指定します。sを指定する場合は、typeの前に'm*'の形式で正の整数を追加できます。次に、LabVIEWはmバイトの各書き込みの前にsバイトをスキップします。 typeは以下の値を受け入れる文字列です。

'double' 64ビット倍精度浮動小数点数を書き込みます。
'float32' 32ビット単精度浮動小数点数を書き込みます。
'float64' 64ビット倍精度浮動小数点数を書き込みます。
'int16' 16ビット符号付き整数を書き込みます。
'int32' 32ビット符号付き整数を書き込みます。
'int64' 64ビット符号付き整数を書き込みます。
'int8' 8ビット符号付き整数を書き込みます。
'schar' 符号付きの文字を書き込みます。
'single' 32ビット単精度浮動小数点数を書き込みます。
'uchar'(デフォルト) 符号なしの文字を書き込みます。
'uint16' 16ビット符号なし整数を書き込みます。
'uint32' 32ビット符号なし整数を書き込みます。
'uint64' 64ビット符号なし整数を書き込みます。
'uint8' 8ビット符号なし整数を書き込みます。
s typeで指定する各mバイトの前でスキップするバイト数を指定します。 sは正の整数です。
byte データ書き込み時に使用するバイト順序(エンディアン形式)を指定します。byteは以下の値を受け入れる文字列です。

'b' データをビッグエンディアン形式で書き込みます。
'l' データをリトルエンディアン形式で書き込みます。
'n'(デフォルト) データをホストコンピュータのバイト順序形式で書き込みます。

出力

名前 説明
c fidで指定されたファイルに正常に書き込まれたデータの量を返します。 cは、正の整数です。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

fid = fopen('test.dat', 'w');
a = [-0.1, 0, 0.1; -0.2, 0.1, 0.4];
c = fwrite(fid, a, '4*float32', 2);
fclose(fid);

関連項目

fclose
fopen
fread
fseek



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった