fwrite_delimited(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: support

要件:MathScript RTモジュール

構文

fwrite_delimited(file, m, d)

fwrite_delimited(file, m, d, row, col)

従来名: dlmwrite

説明

ASCII区切りファイルを書き込みます。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
file 書き込み先のファイルを指定します。fileは文字列です。
m 書き込む行列を指定します。
d ファイルの値を区切るデリミタを指定します。たとえば、\tの値は、デリミタとして単一のタブ文字を指定します。dは文字列です。
row, col 書き込みを開始する行列の場所を指定します。rowcolはゼロ基準です。

詳細

この関数をスタンドアロンアプリケーションまたは共有ライブラリで使用し、ファイルが相対パスの場合、LabVIEWはアプリケーションまたは共有ライブラリをインストールしたパスにあるファイルを検索します。ファイルが絶対パスの場合、LabVIEWは指定された場所にあるローカルマシンまたはターゲットにあるファイルを検索します。(Real-Timeモジュール) この関数をRTターゲットにデプロイして、ファイルが相対パスの場合、LabVIEWは「デフォルトデータディレクトリ」VIが返したパスにあるファイルを検索します。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

fwrite_delimited('test', magic(5), '/', 2, 2);
a = fread_delimited('test', '/', 'A2..C3')

関連項目

fread_csv
fread_delimited
fwrite_csv



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった