fwrite_xls(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: support

要件:MathScript RTモジュール (Windows)

構文

fwrite_xls(file, a)

fwrite_xls(file, a, sheet)

fwrite_xls(file, a, sheet, range)

従来名: xlswrite

説明

Microsoft Excelスプレッドシートファイルにデータを書き込みます。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
file 書き込むExcelファイルを指定します。fileは文字列です。
a 書き込むデータを指定します。aはスカラまたは行列にある文字列または数値です。
sheet 書き込みを行うfileでスプレッドシートを指定します。sheetは、スプレッドシートの指標を指定する整数、またはスプレッドシートの名前を指定する文字列です。sheetを指定しないと、aが最初のスプレッドシートに書き込まれます。
range 書き込みを行うsheetでデータの範囲を指定します。rangeは文字列です。デフォルト値は'A1'です。

詳細

rangeを指定するには、書き込みを開始する左上のセルを指定するため'A1'などのセル番号を使用するか、または範囲演算子としてコロンを使用します。たとえば、'A1:B3'のように指定します。ここで、A1B3は、データを書き込むセルの左上と右下のセルを指定しています。rangeを指定するために範囲演算子としてコロンを使用し、aのサイズがrangeより大きい場合、range外の要素は無視されます。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

a = magic(3);
fwrite_xls('test', a);
pause(1)
b = fread_xls('test')

関連項目

fread_xls



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった