gausspulse(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: waveform generation

要件:MathScript RTモジュール

構文

f = gausspulse(a)

f = gausspulse(a, b)

f = gausspulse(a, b, c)

f = gausspulse(a, b, c, d)

f = gausspulse('cutoff')

f = gausspulse('cutoff', b)

f = gausspulse('cutoff', b, c)

f = gausspulse('cutoff', b, c, d)

f = gausspulse('cutoff', b, c, d, e)

[f, g] = gausspulse(a)

[f, g] = gausspulse(a, b)

[f, g] = gausspulse(a, b, c)

[f, g] = gausspulse(a, b, c, d)

[f, g, h] = gausspulse(a)

[f, g, h] = gausspulse(a, b)

[f, g, h] = gausspulse(a, b, c)

[f, g, h] = gausspulse(a, b, c, d)

従来名: gauspuls

説明

大きな絶対時間値の振幅が急激に小さくなる正弦パターンを持つ信号を生成します。LabVIEWはガウスパターンに基づいて信号を生成します。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
a サンプリング時間を指定します。aは実数配列です。
b 中心周波数をHzで指定します。bは正の数です。デフォルトは1000です。
c 部分帯域幅を指定します。cは、正の数です。デフォルトは0.5です。
d 部分帯域幅基準レベルを指定します。dは負の数です。デフォルトは-6です。
e デシベルレベルを指定します。eは負の数です。デフォルトは-60です。
'cutoff' 後続パルスエンベロープが、ピークエンベロープ振幅に対してe dB未満となるカットオフ時間を返すようLabVIEWに指示します。

出力

名前 説明
f 'cutoff'を指定した場合、サンプリングされたガウス変調正弦パルスまたはカットオフ時間を返します。
g 直交パルスを返します。
h ガウスパルス変調正弦パルスの包絡線を返します。

詳細

ガウス変調正弦パルスは、「ガウス変調正弦パターン」VIと同じ式で計算されます。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

tc = gausspulse('cutoff', 50E3, 0.6, [], -50);
X = linramp(-tc, tc, 100);
Y = gausspulse(X, 50E3, 0.6);
plot(X, Y)

関連項目

chirp
dirichlet
gaussmonopulse
pulsetrain
rectpulse
sawtooth
sinc
square



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった