global(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: support

要件:MathScript RTモジュール

構文

global a

global a b ... c

説明

グローバル変数を生成するか、既存の変数をグローバルとして定義します。既存の変数がない場合は、そのグローバル変数用に空の行列が生成されます。LabVIEW MathScriptウィンドウとMathScriptノード間、または2つのMathScriptノード間でのデータのアクセスと転送にはglobal関数を使用します。グローバル関数は、LabVIEWのグローバル変数とは異なる状況でグローバル変数を生成します。たとえば、グローバル関数を使用してMathScriptでグローバル変数aを生成する場合、LabVIEWで異なるグローバル変数aを作成することもできます。

詳細

詳細

MathScriptノードからこの関数を呼び出す場合、MathScriptノードについて、より低速なランタイムパフォーマンスでLabVIEWが操作されます。MathScriptノードのパフォーマンスを最適化するには、この関数をスクリプトから削除します。

この関数を使用して行ったグローバル変数の変更は、LabVIEW MathScriptウィンドウと同じアプリケーションインスタンス内のすべてのMathScriptノードに適用されます。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

関連項目

clear
is_global
persistent
who



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった