gsvd(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: linalgebra

要件:MathScript RTモジュール

構文

x = gsvd(A, B)

[U, V, R, C, S] = gsvd(A, B)

[U, V, R, C, S] = gsvd(A, B, 0)

説明

行列のペアの一般化された特異値分解(SVD)を実行します。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
A 行列を指定します。
B 行列を指定します。ABには同じ数の列が含まれる必要があります。
0 エコノミーサイズ形式で一般化されたSVDを実行するようにLabVIEWに指示します。

出力

名前 説明
x 一般化された特異値を返します。xはベクトルです。
U 一般化されたSVDの直交行列を返します。
V 一般化されたSVDの直交行列を返します。
R 一般化されたSVDの正方行列を返します。
C 一般化されたSVDの対角行列を返します。
S 一般化されたSVDの対角行列を返します。

詳細

以下の方程式は、行列ペア(A, B)の一般化された特異値分解を定義します。

A = UCR'
B = VSR'

ここで、UVは直交行列、Rは正方行列です。

kが行列[A; B]の階数とします。その場合、行列C'C + S'Sの最初のk対角要素は1、その他の要素はゼロになります。C'CS'Sの最初のk対角要素の平方根はそれぞれ一般化された特異値の分子と分母を決定します。

Amxpの行列で、Bnxpの行列の場合、[U, V, R, C, S] = gsvd(A, B)Umxmの行列として返し、Vnxnの行列として返し、Rpxpの行列として返し、Cmxpの行列として返し、Snxpの行列として返します。0を指定する場合、LabVIEWはエコノミーサイズの形式で一般化されたSVDを実行します。つまり、[U, V, R, C, S] = gsvd(A, B, 0)Umxmin((m, p)の行列として返し、Vnxmin(n, p)の行列として返し、Rpxpの行列として返し、Cmin(m, p)xpの行列として返し、Smin(n, p)xpの行列として返します。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

A = reshapemx(1:12, 4, 3);
B = magic(3);
X = gsvd(A, B)

関連項目

magic
reshapemx
svd



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった