iir_elliptic(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: filter design

要件:MathScript RTモジュール

構文

[b, a] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, w)

[b, a] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, w, 's')

[b, a] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, [w1, w2])

[b, a] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, [w1, w2], 's')

[b, a] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, w, option)

[b, a] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, w, option, 's')

[b, a] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, [w1, w2], 'stop')

[b, a] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, [w1, w2], 'stop', 's')

[z, p, k] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, w)

[z, p, k] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, w, 's')

[z, p, k] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, [w1, w2])

[z, p, k] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, [w1, w2], 's')

[z, p, k] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, w, option)

[z, p, k] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, w, option, 's')

[z, p, k] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, [w1, w2], 'stop')

[z, p, k] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, [w1, w2], 'stop', 's')

[as, bs, cs, ds] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, w)

[as, bs, cs, ds] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, w, 's')

[as, bs, cs, ds] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, [w1, w2])

[as, bs, cs, ds] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, [w1, w2], 's')

[as, bs, cs, ds] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, w, option)

[as, bs, cs, ds] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, w, option, 's')

[as, bs, cs, ds] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, [w1, w2], 'stop')

[as, bs, cs, ds] = iir_elliptic(n, dbp, dbs, [w1, w2], 'stop', 's')

従来名: ellip

説明

楕円(カウア)フィルタを設計します。wを指定する場合、この関数は次数nのローパスフィルタを生成します。w1w2を指定すると、この関数は次数2nのバンドパスフィルタを生成します。 [z, p, k]および[as, bs, cs, ds]では、フィルタの零点/極/ゲイン表記と状態空間表記がそれぞれ生成されます。

サンプル

入力

名前 説明
n フィルタ次数を指定します。 nは、負でない任意の整数です。
dbp パスバンドのリプルを指定します。 dbpは0より大きいデシベル単位の値です。
dbs 最小ストップバンド減衰量を指定します。 dbsはデシベル値で、必ず実数スカラでなければなりません。
w フィルタのカットオフ周波数を指定します。 wは、0と1の間の実数です。 1はナイキスト周波数を示します。
w1 低域カットオフ周波数を指定します。 w1は範囲[0, 1]内でなければなりません。
w2 高域カットオフ周波数を指定します。 w2は範囲[0, 1]内であり、w1より大きくなければなりません。
option 設計するフィルタのタイプを指定します。 optionは以下の値を受け入れる文字列です。

'low'(デフォルト) ローパスフィルタを設計します。
'high' ハイパスフィルタを設計します。
'stop' ストップバンドフィルタを設計するようにLabVIEWに指示します。'stop'を指定せず、w1w2を指定する場合、LabVIEWはバンドパスフィルタを設計します。
's' 楕円(カウア)フィルタを設計するようにLabVIEWに指示します。

出力

名前 説明
b 設計中のフィルタの分子を返します。 bは実数nの順フィルタ係数です。 bは実数ベクトルです。
a 設計中のフィルタの分母を返します。 aは次数nの逆フィルタ係数です。 aは実数ベクトルです。
z フィルタの零点を返します。 zはベクトルです。
p フィルタの極を返します。 pはベクトルです。
k フィルタのゲインを返します。 kは実数です。
as フィルタのA係数を返します。 asは行列です。
bs フィルタのB係数を返します。 bsは行列です。
cs フィルタのC係数を返します。 csは行列です。
ds フィルタのD係数を返します。 dsは行列です。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

N = 5;
DBP = 0.5;
DBS = 20;
W = 0.4;
[B, A] = iir_elliptic(N, DBP, DBS, W)

関連項目

fir_remez
iir_butter
iir_cheby1
iir_cheby2
iir_ellipticord
iir_ellipticzpk



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった