inf(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: constants

要件:MathScript RTモジュール

構文

c = inf

c = inf(a)

c = inf(a, b)

説明

無限値の行列を生成するか、値が無限であることを示します。浮動小数点演算のIEEE標準では、表示可能な範囲を超えるサイズの値を算出する演算は無限として定義されています。LabVIEWでは、数式が、inf変数を使用して無限値まで評価され、正しく解析されます。

サンプル

入力

名前 説明
a cの行数を指定します。aは正の整数です。
b cの列数を指定します。bは正の整数です。

出力

名前 説明
c 要素がすべて無限値の表記であるa x bの行列を返します。aを指定してbを指定しない場合、cは次数がaの正方行列を返します。入力を指定しない場合は、cは無限値を返します。 cは、正の浮動小数点数のスカラまたは行列です。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

A = exp(1000)
B = 1/0
C = atan(1/0)



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった