interpolate(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: resampling

要件:MathScript RTモジュール

構文

y = interpolate(x, rate)

y = interpolate(x, rate, len, alpha)

[y, f] = interpolate(x, rate)

[y, f] = interpolate(x, rate, len, alpha)

従来名: interp

説明

入力信号を、ローパス補間フィルタを使用して高レートでリサンプリングします。

サンプル

入力

名前 説明
x リサンプリングする入力信号を指定します。xの長さの値は2*lenより大きくなければなりません。 xは、実数倍精度浮動小数点数の配列です。
rate リサンプルレートを指定します。 rateは、32ビットの符号付き整数です。デフォルトは1です。rateが0以下の場合は、デフォルト値が使用されます。
len 補間フィルタのサイズを指定します。 lenは、32ビットの符号付き整数です。デフォルトは4です。lenが0以下の場合は、デフォルト値が使用されます。
alpha カットオフ周波数を指定します。 alphaは数値を倍精度浮動小数点数です。デフォルトは0.5です。alphaが0以下または1より大きい場合は、デフォルト値が使用されます。

出力

名前 説明
y リサンプル信号を返します。yの長さは2*rateです。 yは、倍精度浮動小数点数の配列です。
f ローパス補間フィルタの係数を返します。ローパス補間フィルタの長さは2*rate*len+1です。 fは、倍精度浮動小数点数の配列です。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

X = 1:9;
[Y, F] = interpolate(X, 2, 4, 0.5)

関連項目

interpolate1d
interpolate2d
interpolateft



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった