intrp2d_uneven(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: geometry

要件:MathScript RTモジュール

構文

ZS = intrp2d_uneven(X, Y, Z, XS, YS)

ZS = intrp2d_uneven(X, Y, Z, XS, YS, method)

[XS, YS, ZS] = intrp2d_uneven(X, Y, Z, XS, YS)

[XS, YS, ZS] = intrp2d_uneven(X, Y, Z, XS, YS, method)

従来名: griddata

説明

指定された不均等に分布したサンプルポイントに曲面をフィットします。結果として得られるフィット曲面は、すべての指定されたサンプルポイントを通ります。

サンプル

入力

名前 説明
X x座標を指定します。 Xはベクトルまたは実数行列です。Xがベクトルの場合、LabVIEWはベクトルを反復してXを行列に変換します。
Y y座標を指定します。 YXと同じサイズのベクトルまたは実数行列です。Yは、ベクトルの場合はそのベクトルが繰り返された行列に変換されます。
Z z座標を指定します。 ZXと同じサイズの実行列です。
XS 補間点のx座標を表すx座標の実行列を指定します。
YS 補間点のy座標を表すy座標の実行列を指定します。
method 補間方法を指定します。 methodは以下の値を受け入れる文字列です。

'linear'(デフォルト) 線形補間(平滑化なし)
'cubic' 3次補間(平滑化)
'nearest' 最近接法(平滑化なし)
'v4' 重調和スプライン補間(平滑化)

出力

名前 説明
XS 行列XSを変更しないで返します。
YS 行列YSを変更しないで返します。
ZS (XS, YS)の計算結果の曲面を表す実行列を返します。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

X = rand(5, 5);
Y = rand(5, 5);
Z = X.^2+Y.^2;
[XS, YS] = meshgrid2d(0:0.1:1);
[XS, YS, ZS] = intrp2d_uneven(X, Y, Z, XS, YS, 'v4');
surface(XS, YS, ZS)

関連項目

convexhull
delaunay
meshgrid2d
rand
surface



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった