lib_isloaded(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: libraries

要件:MathScript RTモジュール (Windows)

構文

a = lib_isloaded(libname)

従来名: libisloaded

説明

共有ライブラリがロードされているかどうかをチェックします。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
libname 確認する共有ライブラリの名前を指定します。共有ライブラリをロードするときにエイリアスを割り当てる場合は、libnameのエイリアスを使用します。libnameは文字列です。

出力

名前 説明
a 共有ライブラリがロードされているかどうかを決定します。この関数は共有ライブラリがロードされると1を返します。それ以外の場合、この関数は0を返します。

詳細

MathScriptから共有ライブラリを呼び出す例としては、labview\examples\MathScript\MathScript Shared LibrariesディレクトリにあるMathScript Shared Libraries.lvprojを参照してください。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

lib_isloaded('myD')

r = [labviewroot '\examples\MathScript\MathScript Shared Libraries']
lib_load('myDemo', 'demo', 'alias', 'myD', 'includepath', r)
lib_isloaded('myD')
lib_unload('myD')

関連項目

labviewroot
lib_call
lib_funclist
lib_load
lib_unload



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった