line(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: plots

要件:MathScript RTモジュール

構文

line(x, y)

line(x, y, z)

line(name1, value1, ..., nameN, valueN)

line(x, y, name1, value1, ..., nameN, valueN)

line(x, y, z, name1, value1, ..., nameN, valueN)

obj = line(x, y)

obj = line(x, y, z)

obj = line(name1, value1, ..., nameN, valueN)

obj = line(x, y, name1, value1, ..., nameN, valueN)

obj = line(x, y, z, name1, value1, ..., nameN, valueN)

説明

現在のプロットに線分を追加します。line(x, y, name1, value1, ..., nameN, valueN)またはline(x, y, z, name1, value1, ..., nameN, valueN)は、指定する属性名と値に基づいてライン属性を設定します。line(name1, value1, ..., nameN, valueN)を呼び出す場合は、'XData''YData'、または'ZData'の属性を使用して、線分のx、y、z座標を指定する必要があります。

サンプル

入力

名前 説明
x プロットする線分のx座標を指定します。xは行列またはベクトルです。xが行列の場合、linexの各線分を独立した線分としてプロットします。
y プロットする線分のy座標を指定します。yは行列またはベクトルです。sizeysize(x)と等しくなければなりません。
z プロットする線分のz座標を指定します。zは行列またはベクトルです。size(z)はsize(x)と等しくなければなりません。
name 属性の名前を指定します。nameは文字列です。
value 属性の値を指定します。

出力

名前 説明
obj LabVIEWで作成された線分のリファレンスを返します。objは、線分オブジェクトのリファレンスです。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ(エラーが返される、または無視される)
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

x = -pi:pi;
y = sin(x);
line(x, y)

a = -pi:pi;
b = sin(a);
c = sqrt(a);
obj = line(a, b, c, 'Color', 'm', 'LineStyle', ':', 'LineWidth', 5)

関連項目

plot
sin



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった