modeling and prediction (MathScript RTモジュールサブクラス)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

要件:MathScript RTモジュール

dspクラスのメンバーです。modeling and predictionサブクラスのメンバーを使用して、信号をモデル化します。

関数 説明
ac_to_poly 自己相関から予想多項式を生成
ac_to_rc 自己相関から反射係数を生成
ac_to_rcschur シューアアルゴリズムの反射係数
ar_burg バーグ法によるARパラメータ評価
ar_covar 共分散法によるARパラメータ評価
ar_mcovar 変形共分散法によるARパラメータ評価
ar_yule ユール・ウォーカー法によるARパラメータ評価
dimpulse 離散システムモデルのインパルス応答
dlsim 離散システムモデルの線形シミュレーション
dstep 離散システムモデルのステップ応答
iir_steigmcbride スティグリッツ・マクブライド線形フィルタ設計
invfreqsd 周波数応答に適合するアナログフィルタを計算
invfreqzd 周波数応答に適合するデジタルフィルタを計算
is_to_rc 逆正弦パラメータから反射係数を計算
lar_to_rc 対数面積比から反射係数を計算
levinson レビンソン・ダービンによるIIRフィルタ係数
lpc 線形予測コーディング
lsf_to_poly ラインスペクトル周波数から予測多項式を生成
poly_to_ac 予想多項式から自己相関を生成
poly_to_lsf 予想多項式からラインスペクトル周波数を生成
poly_to_rc 予想多項式から反射係数を生成
prony プロニーIIRフィルタ設計
rc_to_ac 反射係数から自己相関を生成
rc_to_is 反射係数から逆正弦パラメータを生成
rc_to_lar 反射係数から対数面積比を生成
rc_to_poly 反射係数から予測多項式を生成
revlevinson 逆レビンソン・ダービンによる自己相関


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった