pathfwrite(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: support

要件:MathScript RTモジュール

構文

pathfwrite

c = pathfwrite

c = pathfwrite(a)

従来名: path2rc

説明

現在のパスリストをファイルに保存します。

詳細

入力

名前 説明
a 現在の作業ディレクトリに関連するファイル名を指定します。aを指定しないと、現在のパスは現在の作業ディレクトリの'path.txt'に保存されます。aは文字列です。

出力

名前 説明
c 保存プロセスの状態を返します。 cは、以下の値を返す整数です。

0 パスは正常にファイルに保存されませんでした。
1 パスは正常にファイルに保存されました。

詳細

スタンドアロンアプリケーションまたは共有ライブラリでこの関数を使用する場合、LabVIEWはアプリケーションまたは共有ライブラリをインストールした場所に相対するパスを保存します。(Real-Timeモジュール)この関数をRTターゲットにデプロイすると、LabVIEWは「デフォルトデータディレクトリ」VIから与えられたパスに相対するパスを保存します。

path関数による検索パスリストの変更は、この関数を呼び出したLabVIEW MathScriptウィンドウまたはMathScriptノードの現在のインスタンスにのみ適用されます。1つのMathScriptノードの検索パスリストで行われた変更は、別のMathScriptノードには適用されません。LabVIEW MathScriptウィンドウが閉じられるか、MathScriptノードの実行が停止すると、検索パスリストはデフォルト値にリセットされます。LabVIEW MathScriptプロパティダイアログボックスのMathScript:検索パスページを使用して、LabVIEW MathScriptウィンドウのデフォルトの検索パスリストを変更します。オプションダイアログボックスのMathScriptページを使用して、メインアプリケーションインスタンスのMathScriptノードでデフォルトの検索パスリストを変更します。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する いいえ(スクリプト全体に適用)

関連項目

path



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった