pathgetsubset(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: support

要件:MathScript RTモジュール

構文

pathgetsubset

pathgetsubset dir

pathgetsubset(dir)

p = pathgetsubset(dir)

従来名: genpath

説明

現在の検索パスリストを返します。LabVIEWは、リストを上から下方向へ検索します。LabVIEW MathScriptウィンドウまたはMathScriptノードで使用する関数を定義する場合、その関数があるディレクトリを検索パスリストに追加する必要があります。

pathgetsubsetは現在の検索パスリストを返します。pathgetsubset(dir)dirおよびdirのすべてのサブディレクトリを含む検索パスリストを返します。この関数は検索パスリストを変更しません。path関数またはaddpath関数を使用して、検索パスリストを変更する必要があります。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
dir パスを指定します。dirは文字列です。

出力

名前 説明
p 現在の検索パスすべてのリストを返します。pは文字列です。

詳細

LabVIEW MathScriptプロパティダイアログボックスのMathScript:検索パスページを使用して、LabVIEW MathScriptウィンドウのデフォルトの検索パスリストを変更します。オプションダイアログボックスのMathScriptページを使用して、メインアプリケーションインスタンスのMathScriptノードでデフォルトの検索パスリストを変更します。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する いいえ(スクリプト全体に適用)

サンプル

p = pathgetsubset(pwd);
addpath(p)

関連項目

addpath
path
pwd



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった