plot(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: plots

要件:MathScript RTモジュール

構文

plot(y)

plot(x, y)

plot(x, y, attributes)

plot(x1, y1, x2, y2, ..., xN, yN)

plot(x1, y1, x2, y2, ..., xN, yN, attributes)

plot(y, name1, value1, ..., nameN, valueN)

plot(x, y, name1, value1, ..., nameN, valueN)

plot(x1, y1, attributes1, x2, y2, attributes2, ..., xN, yN, attributesN)

obj = plot(y)

obj = plot(x, y)

obj = plot(x, y, attributes)

obj = plot(x1, y1, x2, y2, ..., xN, yN)

obj = plot(x1, y1, x2, y2, ..., xN, yN, attributes)

obj = plot(y, name1, value1, ..., nameN, valueN)

obj = plot(x, y, name1, value1, ..., nameN, valueN)

obj = plot(x1, y1, attributes1, x2, y2, attributes2, ..., xN, yN, attributesN)

説明

等高線をプロットします。plot(y)は、yの列を、列の指標に対してプロットします。yが複素数の場合、plot(y)imag(y)real(y)に対してプロットします。xyが実数ベクトルの場合、plot(x, y)yxに対してプロットします。xyが複素数の場合、plot(x, y)real(y)real(x)に対してプロットします。plot(x, y, attributes)は、指定されたattributes属性でxに対するyをプロットします。plot(x1, y1, x2, y2, ..., xN, yN, attributes)は、y1, y2, ..., yNをそれぞれx1, x2, ..., xNに対してプロットします。この構文では、最後のプロットに指定された属性が、それ以前のプロットにはデフォルト属性が使用されます。plot(x, y, name1, value1, ..., nameN, valueN)は、指定する属性名と値に基づいてline attributesを設定します。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
x プロットするベクトルまたは行列を指定します。
y プロットするベクトルまたは行列を指定します。
attributes プロット属性を指定します。プロット属性は、色、ポイントスタイル、ラインスタイルの順に並べます。たとえば、'bo-'はポイントを円で示す青い実線プロットを表します。また、ライン属性で、色、ポイントのスタイル、線分のスタイル、プロットのその他の属性を設定できます。attributesは以下の値の組み合せを受け入れる文字列です。

'b' プロットの色を青に指定します。
'c' プロットの色をシアンに指定します。
'g' プロットの色を緑に指定します。
'k' プロットの色を黒に指定します。
'm' プロットの色をマゼンタに指定します。
'r' プロットの色を赤に指定します。
'w' プロットの色を白に指定します。
'y' プロットの色を黄色に指定します。
'.' ポイントを点で示します。
'o' ポイントを円で示します。
'x' ポイントをクロスで示します。
'+' ポイントをプラス記号で示します。
'*' ポイントをアスタリスクで示します。
'-' 実線を使用します。
':' 点線を使用します。
'-.' 破線と点の組み合せを使用します。
'--' 破線を使用します。
name 属性の名前を指定します。nameは文字列です。
value 属性の値を指定します。

出力

名前 説明
obj 線分オブジェクトのリファレンスを返します。objは、線分オブジェクトのリファレンスです。

詳細

複素数入力を指定する場合はplot(z, attributes)の構文を使用してください。ここで、z = x + yiです。

plot(x, y, attributes)構文を使用するには、実数入力を指定する必要があります。実数入力を指定しない場合、複素数は実部に置換されます。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ(エラーが返される、または無視される)
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

X = [0:0.01:1];
Y = X.*X;
plot(X, Y, 'bo-')

X = sin(0:0.1:100);
plot(X, 'Color', 'g')
Y = axes;
set (Y, 'YLim', [-5, 5], 'XLim', [0, 600])

関連項目

area
axes
loglog
semilog_x
semilog_y



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった