plotcoord(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: plots

要件:MathScript RTモジュール

構文

plotcoord(a, xy)

plotcoord(a, xy, attributes)

従来名: gplot

説明

隣接行列を使用して、座標をプロットします。

サンプル

入力

名前 説明
a 隣接行列を指定します。anxn行列です。このとき、nはプロットの頂点の数です。頂点ijが隣接する場合、a(i, j)はゼロではありません。それ以外の場合、a(i, j)はゼロです。length(a)はlength(xy)と等しくなければなりません。
xy 各頂点の座標を指定します。xynx2の行列です。このとき、nはプロットの頂点の数です。xyの最初と2番目の列は、それぞれx座標とy座標を指定します。length(xy) はlength(a)と等しくなければなりません。
attributes プロット属性を指定します。プロット属性は、色、ポイントスタイル、ラインスタイルの順に並べます。たとえば、'bo-'はポイントを円で示す青い実線プロットを表します。attributesは以下の値の組み合せを受け入れる文字列です。

'b' プロットの色を青に指定します。
'c' プロットの色をシアンに指定します。
'g' プロットの色を緑に指定します。
'k' プロットの色を黒に指定します。
'm' プロットの色をマゼンタに指定します。
'r' プロットの色を赤に指定します。
'w' プロットの色を白に指定します。
'y' プロットの色を黄色に指定します。
'.' ポイントを点で示します。
'o' ポイントを円で示します。
'x' ポイントをクロスで示します。
'+' ポイントをプラス記号で示します。
'*' ポイントをアスタリスクで示します。
'-' 実線を使用します。
':' 点線を使用します。
'-.' 破線と点の組み合せを使用します。
'--' 破線を使用します。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ(常に無視)
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

a = [0, 1, 1, 1, 0, 0, 0;...
1, 0, 0, 1, 1, 0, 0;...
1, 1, 0, 1, 0, 1, 0;...
1, 1, 1, 0, 1, 1, 1;...
0, 1, 0, 1, 0, 0, 1;...
0, 0, 1, 1, 0, 0, 1;...
0, 0, 0, 1, 1, 1, 0];
xy = [-0.5 0.866; 0.5 0.866; -1 0; 0 0; 1 0; -0.5 -0.866; 0.5 -0.866];
plotcoord(a, xy, 'bo--')



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった