plotf_meshcontour(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: plots

要件:MathScript RTモジュール

構文

plotf_meshcontour(f)

plotf_meshcontour(f, r)

plotf_meshcontour(f, a)

plotf_meshcontour(f, r, a)

plotf_meshcontour(f, 'circ')

plotf_meshcontour(f, r, 'circ')

plotf_meshcontour(f, a, 'circ')

plotf_meshcontour(f, r, a, 'circ')

従来名: ezmeshc

説明

2つの変数の関数を等高線つきの3Dメッシュの曲面としてプロットします。関数は、明示的またはパラメータ化表記で記述できます。 plotf_meshcontourは指定された領域にfをプロットします。

サンプル

入力

名前 説明
f プロットする関数を指定します。 fは、1つの文字列またはカンマで区切られた3つの文字列です。各文字列は、有効な演算式を表します。fが2つの変数xyを含む1つの演算式である場合、plotf_meshcontourz = f(x, y)をプロットします。が2つの変数を共有する3つの文字列である場合、パラメータ化された曲面が表示されます。
r プロットの領域を指定します。 rは4要素または2要素の実数ベクトルです。rは、4要素のベクトルの場合、[xmin, xmax, ymin, ymax]を表します。rは、2要素のベクトルの場合、長方形[xmin, xmax, xmin, xmax]を表します。デフォルトは[-2*pi, 2*pi, -2*pi, 2*pi]です。
a グリッドのサイズを指定します。 aは正の整数です。axaポイントのグリッドを使用します。デフォルトは60です。
'circ' 指定されたプロット領域を長方形から円に変更します。円の中心はrで指定された領域の中心と重なります。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ(常に無視)
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

f = 'sin(x)*cos(y)';
plotf_meshcontour(f)

f = 'a^4+b^2-1';
r = [-2, 2, -3, 1];
plotf_meshcontour(f, r)

plotf_meshcontour('s', 't', 's+t', 20, 'circ')

関連項目

meshcontour
plotf_mesh



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった