plotyy(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: plots

要件:MathScript RTモジュール

構文

plotyy(x1, y1, x2, y2)

plotyy(x1, y1, x2, y2, type)

plotyy(x1, y1, x2, y2, type1, type2)

[obj1, obj2, obj3] = plotyy(x1, y1, x2, y2)

[obj1, obj2, obj3] = plotyy(x1, y1, x2, y2, type)

[obj1, obj2, obj3] = plotyy(x1, y1, x2, y2, type1, type2)

説明

左右のy軸付きでプロットを生成します。 plotyy(x1, y1, x2, y2)は、x1に対するy1を左y軸でプロットし、x2に対するy2を右y軸でプロットします。

サンプル

入力

名前 説明
x1 プロットするベクトルまたは行列を指定します。
y1 プロットするベクトルまたは行列を指定します。
x2 プロットするベクトルまたは行列を指定します。
y2 プロットするベクトルまたは行列を指定します。
type 有効なプロット属性を指定します。 typeは以下の値を受け入れる文字列です。

'bar' 棒プロットを生成します。
'loglog' 両対数プロットを生成します。
'plot'(デフォルト) 標準プロットを生成します。
'semilogx' 対数xスケールでプロットを生成します。
'semilogy' 対数yスケールでプロットを生成します。
'stem' ステムプロットを生成します。
type1 x1y1の有効なプロットタイプを指定します。 type1 type入力と同じ値を受け入れます。
type2 x2y2の有効なプロットタイプを指定します。 type2type入力と同じ値を受け入れます。

出力

名前 説明
obj1 LabVIEWで描かれるプロット領域にリファレンスを返します。obj1は、プロット領域のリファレンスです。
obj2 左y軸の線にリファレンスを返します。obj2は、線分オブジェクトのリファレンスです。
obj3 右y軸の線にリファレンスを返します。obj3は、線分オブジェクトのリファレンスです。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ(常に無視)
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

X = 0:0.1:2*pi;
Y1 = x;
Y2 = 0.1*sin(5*X).*X;
plotyy(X, Y1, X, Y2)

関連項目

plot



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった