polar_to_cart(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: basic

要件:MathScript RTモジュール

構文

[x, y] = polar_to_cart(a, b)

[x, y, z] = polar_to_cart(a, b, c)

従来名: pol2cart

説明

2Dまたは3Dの極(円柱)データを直交データに変換します。この関数は、行列の要素ごとに適用されます。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
a 極データの角度を指定します。 aは、倍精度浮動小数点数の行列です。
b 極データの半径を指定します。 bは、aと同じサイズの倍精度浮動小数点数の行列です。
c 極データの高さを指定します。 cは、aと同じサイズの倍精度浮動小数点数の行列です。

出力

名前 説明
x 直交データのx座標を返します。 xaと同じサイズの行列です。
y 直交データのy座標を返します。 yaと同じサイズの行列です。
z 3D直交データのz座標を返します。 zcと同じです。 zcと同じ大きさの行列です。

詳細

xyは、以下の式に従って計算されます。
x = b.*cos(a).
y = b.*sin(a).

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する はい

サンプル

[X, Y, Z] = polar_to_cart(1, 1, 1)

関連項目

cart_to_polar



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった