polyfit(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: polynomials

要件:MathScript RTモジュール

構文

[p, s] = polyfit(x, y, n)

[p, s, mu] = polyfit(x, y, n)

説明

入力データを最小2乗方法でフィットする、指定された次数の多項式を計算します。

サンプル

入力

名前 説明
x フィットするデータのx座標を指定します。 xはベクトルです。
y フィットするデータのy座標を指定します。 yxと同じ長さのベクトルです。
n xyに対してフィットする多項式の次数を指定します。 nxの長さより短くなければなりません。 nは、正の整数です。

出力

名前 説明
p 多項式フィットに従って降順に並べられた係数を返します。 pはベクトルです。
s バンデルモンド行列のコレスキー因子を返します。
mu xの標準偏差の平均を返します。LabVIEWは、これらの値を使用してxを正規化することでフィットを向上させます。 muはベクトルです。muの最初の要素は平均で、muの2番目の要素は標準偏差です。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

[P, S] = polyfit(1:10, rand(1, 10), 5)

[P, S, MU] = polyfit(1:10, [3, 3, 3, 4, 5, 6, 10, 12, 14, 15], 5)

関連項目

poly
polyval
roots



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった