psd_covar(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: spectral analysis

要件:MathScript RTモジュール

構文

psd_covar(x, order)

psd_covar(x, order, fftsize)

psd_covar(x, order, fftsize, fs)

psd_covar(x, order, fftsize, range)

psd_covar(x, order, fftsize, fs, range)

Pxx = psd_covar(x, order)

Pxx = psd_covar(x, order, fftsize)

Pxx = psd_covar(x, order, fftsize, fs)

Pxx = psd_covar(x, order, fftsize, range)

Pxx = psd_covar(x, order, fftsize, fs, range)

[Pxx, w] = psd_covar(x, order)

[Pxx, w] = psd_covar(x, order, fftsize)

[Pxx, w] = psd_covar(x, order, fftsize, range)

[Pxx, f] = psd_covar(x, order, fftsize, fs)

[Pxx, f] = psd_covar(x, order, fftsize, fs, range)

従来名: pcov

説明

共分散法は、入力信号のパワースペクトル密度を計算します。出力を要求しない場合、この関数は現在のプロットウィンドウでパワースペクトル密度をプロットします。

サンプル

入力

名前 説明
x 入力信号シーケンスを指定します。xは実数ベクトルまたは複素ベクトルです。
order ARモデルの次数を指定します。orderは正の整数です。
fftsize 推定AR係数シーケンスで実行するFFTの長さを指定します。デフォルトは256です。
fs 入力シーケンスのサンプリング周波数をHz単位で指定します。fsを指定する場合、Hz単位で出力周波数を返します。fsを指定しない場合、サンプルごとにラジアン単位で出力周波数を返します。
range 推定パワースペクトル密度の範囲を指定します。rangeは以下の値を受け入れる文字列です。

'onesided'(デフォルト) 単側パワースペクトル密度を返します。
'twosided' 復調パワースペクトル密度を返します。

出力

名前 説明
Pxx 入力信号xのパワースペクトル密度を返します。xが実数で、range'onesided'の場合、Pxxの長さは偶数のfftsizeに対してはfftsize / 2 + 1、奇数のfftsizeに対しては(fftsize + 1) / 2になります。それ以外の場合、Pxxの長さはfftsizeです。
w LabVIEWでPxxを評価するポイントで、サンプルごとにラジアン単位で周波数を返します。
f LabVIEWでPxxを評価するポイントで、Hz単位で周波数を返します。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい(出力を要求した場合)
RTターゲットでサポートされる はい(出力を要求した場合)
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

fs = 1000;
t = 0:1/fs:0.2;
fftsize = 1024;
noise = randnormal(size(t));
x = sin(2*pi*100*t) + cos(2*pi*250*t) + noise;

Pxx = psd_covar(x, 10, fftsize, fs);

関連項目

psd_burg
psd_mcovar
psd_periodogram
psd_welch
psd_yule
pspec_eign
pspec_music



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった