qr(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: linalgebra

要件:MathScript RTモジュール

構文

r = qr(a)

r = qr(a, 0)

[q, r] = qr(a)

[q, r] = qr(a, 0)

[q, r, pm] = qr(a)

[q, r, pv] = qr(a, 0)

説明

ピボット列を使用して、または使用しないで入力行列のQR分解を行います。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
a 行列を指定します。
0 LabVIEWで、qのサイズがmxmin(m, n)、rのサイズがmin(m, n)xnであるエコノミーサイズのQR分解が計算されるように指定します。このとき、amxnの行列です。

出力

名前 説明
q aのQR分解の直交行列かユニタリ行列を返します。
r aのQR分解の上三角行列を返します。
pm aのQR分解のピボット行列を返します。 pmは、32ビットの符号付き整数です。
pv aのQR分解のピボットベクトルを返します。 pvは、32ビットの符号付き整数の行ベクトルです。

詳細

ピボット列を使用しない行列aのQR分解は、 q*r = aなど、行列 qrを計算します。ここで、qは直交行列または単位行列、rは上三角行列です。

ピボット列を使用する行列aのQR分解は、 q*r = a*pmまたはq*r = a(pv)のように、行列qr、およびピボット行列pmまたはピボットベクトルpvを計算します。LabVIEWは、rの対角要素が降順に並ぶよう、aに対して列ピボットを実行します。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

A = rand(2)
[Q, R, P] = qr(A)



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった