quantdecode(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: filter implementation

要件:MathScript RTモジュール

構文

y = quantdecode(x, n)

y = quantdecode(x, n, r)

y = quantdecode(x, n, r, s)

従来名: udecode

説明

量子化された整数入力を浮動小数点数出力にデコードします。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
x デコードする整数を指定します。xの要素が符号つき整数の場合、xのすべての要素が[-2^(n-1), 2^(n-1)-1]の範囲になければなりません。それ以外の場合、xのすべての要素は範囲[0, 2^n-1]内でなければなりません。
n 量子化のレベルを指定します。nは、2~32の正の整数です。
r 出力範囲を指定します。rは、正の数です。デフォルトは1です。
s オーバーフローの処理方法を指定します。sは以下の値を受け入れます。

'saturate'(デフォルト) LabVIEWは範囲外のxの要素を飽和演算します。
'wrap' LabVIEWは、モジューロ2^n演算に基づいて要素をラップします。

出力

名前 説明
y デコードされた浮動小数点整数を返します。

詳細

quantdecodeは複素入力を受け入れません。複素xをエンコードおよびデコードするには、quantencodequantdecodexの実数部および虚数部で別々に使用し、以下の例のように結果を組み合わせます。

X = real(input)                        %入力の実数部を取得
Y = imag(input)                        %入力の虚数部を取得

X = quantencode(X, 4, 1, 'unsigned')   %Xをエンコード
Y = quantencode(Y, 4, 1, 'unsigned')   %Yをエンコード

X = quantdecode(X, 4, 1, 'wrap')       %Xをデコード
Y = quantdecode(Y, 4, 1, 'wrap')       %Yをデコード

output = complex(X, Y)                 %実数部と虚数部を組み合わせる

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

X = -1:0.01:1;
Y = quantencode(X, 4, 1, 'signed');
X1 = quantdecode(Y, 4, 1);
plot(X, X1)

関連項目

quantencode



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった