quiver(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: plots

要件:MathScript RTモジュール

構文

quiver(u, v)

quiver(x, y, u, v)

説明

法線ベクトルのプロットを生成します。

サンプル

入力

名前 説明
x プロットするx座標を指定します。xがベクトルの場合、length(x)はuvの列数と等しくなければなりません。
y プロットするy座標を指定します。yがベクトルの場合、length(y)はuvの行数と等しくなければなりません。
u 速度のx座標を指定します。 uは行列です。size(u)はsize(v)と等しくなければなりません。
v 速度のy座標を指定します。 vは行列です。size(v)はsize(u)と等しくなければなりません。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる いいえ(常に無視)
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

Z = peakfcn2d;
[U, V] = gradient(Z, 0.1, 0.1);
quiver(U, V)



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった