qz(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: linalgebra

要件:MathScript RTモジュール

構文

[S, T, Q, Z] = qz(A, B)

[S, T, Q, Z] = qz(A, B, type)

[S, T, Q, Z, R, L] = qz(A, B)

[S, T, Q, Z, R, L] = qz(A, B, type)

説明

正方行列のペアにQZ分解を行います。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
A 正方行列を指定します。
B aと同じサイズの正方行列を指定します。
type 実行する分解のタイプを指定します。

'real' 実QZ分解を実行します。ABは実正方行列でなければなりません。2つの連続する列にある複素固有ベクトルの実部と虚部が保存されます。
'complex'(デフォルト) 複素QZ分解を実行します。

出力

名前 説明
S Aと同じサイズの上三角行列を返します。type'real'の場合、SAと同じサイズの上擬似三角行列を返します。
T Aと同じサイズの上三角行列を返します。
Q Aと同じサイズの単位行列を返します。
Z Aと同じサイズの単位行列を返します。
R 一般化右固有ベクトルを返します。
L 一般化左固有ベクトルを返します。

詳細

qzは、Q*A*Z = SおよびQ*B*Z = Tなど、行列ペア(A, B)のQZ分解を実行します。ここで、QZは単位行列、STは上三角行列です。行列ペア(S, T)には、行列ペア(A, B)と同じ一般化固有値があります。Sが上三角行列の場合、STの対角要素は、それぞれ行列ペア(AB)の生成された固有値の分子と分母です。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

A = reshapemx(1:16, 4, 4);
B = magic(4);
[S, T, Q, Z] = qz(A, B)

関連項目

eig
magic
reshapemx



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった