random(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: statistics

要件:MathScript RTモジュール

構文

r = random(type, a, b, c)

r = random(type, a, b, c, m)

r = random(type, a, b, c, n)

r = random(type, a, b, c, m, n)

r = random(type, a, b, c, [m, n])

説明

特定のdistributionに従う乱数を生成します。 random(type, a, b, c)は単一の乱数を生成します。 random(type, a, b, c, m)random(type, a, b, c, n)は、それぞれmxmnxnの行列を生成します。 random(type, a, b, c, m, n)random(type, a, b, c, [m, n])は、mxmの行列を生成します。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
type 分布のタイプを指定します。 typeは以下の値を受け入れる文字列です。

'beta' ベータ分布を指定します。LabVIEWは'Beta'も受け入れます。この分布は、2つのパラメータを取ります。
'bino' 2項分布を指定します。LabVIEWは'Binomial'も受け入れます。この分布は、2つのパラメータを取ります。
'chi2' カイ2乗分布を指定します。LabVIEWは'Chisquare'も受け入れます。この分布は、1つのパラメータを取ります。
'exp' 指数分布を指定します。LabVIEWは'Exponential'も受け入れます。この分布は、1つのパラメータを取ります。
'f' F分布を指定します。LabVIEWは'F'も受け入れます。この分布は、2つのパラメータを取ります。
'gam' ガンマ分布を指定します。LabVIEWは'Gamma'も受け入れます。この分布は、2つのパラメータを取ります。
'geo' 幾何分布を指定します。LabVIEWは'Geometric'も受け入れます。この分布は、1つのパラメータを取ります。
'hyge' 超幾何分布を指定します。LabVIEWは'Hypergeometric'も受け入れます。この分布は、3つのパラメータを取ります。
'logn' 対数正規分布を指定します。LabVIEWは'Lognormal'も受け入れます。この分布は、2つのパラメータを取ります。
'nbin' 負の2項分布を指定します。LabVIEWは'Negative Binomial'も受け入れます。この分布は、2つのパラメータを取ります。
'ncf' 非心F分布を指定します。LabVIEWは'Noncentral F'も受け入れます。この分布は、3つのパラメータを取ります。
'nct' 非心T分布を指定します。LabVIEWは'Noncentral T'も受け入れます。この分布は、2つのパラメータを取ります。
'ncx2' 非心カイ2乗分布を指定します。LabVIEWは'Noncentral Chisquare'も受け入れます。この分布は、2つのパラメータを取ります。
'norm' 正規分布を指定します。LabVIEWは'Normal'も受け入れます。この分布は、2つのパラメータを取ります。
'poiss' ポアソン分布を指定します。LabVIEWは'Poisson'も受け入れます。この分布は、2つのパラメータを取ります。
'rayl' レイリー分布を指定します。LabVIEWは'Rayleigh'も受け入れます。この分布は、1つのパラメータを取ります。
't' T分布を指定します。LabVIEWは'T'も受け入れます。この分布は、1つのパラメータを取ります。
'unid' 離散一様分布を指定します。LabVIEWは'Discrete Uniform'も受け入れます。この分布は、1つのパラメータを取ります。
'unif' 連続一様分布を指定します。LabVIEWは'Uniform'も受け入れます。この分布は、2つのパラメータを取ります。
'weib' ワイブル分布を指定します。LabVIEWは'weibull'も受け入れます。この分布は、2つのパラメータを取ります。
a 分布のパラメータを指定します。 aは番号または行列です。aが行列の場合、amxnと同じサイズの行列です。この関数の詳細については、詳細セクションを参照してください。
b 分布のパラメータを指定します。 bは数値または行列です。bが行列の場合、bのサイズはmxnでなければなりません。この関数の詳細については、詳細セクションを参照してください。
c 分布のパラメータを指定します。 cは番号または行列です。cが行列の場合、cのサイズはmxnでなければなりません。この関数の詳細については、詳細セクションを参照してください。
m rの行数を指定します。 mは、正の整数です。
n rの列数を指定します。 nは、正の整数です。

出力

名前 説明
r typeの分布に従う乱数のmxnの行列を返します。

詳細

入力要素abcでは、分布タイプごとに以下のパラメータを指定します。
  • β
    • aには最初の形状パラメータを指定します。
    • bには2番目の形状パラメータを指定します。
  • bino(2項)
    • aには、実行するベルヌーイ試行の数を指定します。
    • bには、任意のベルヌーイ試行がTRUEである確率を指定します。
  • chi2(カイ2乗)
    • aには自由度の数を指定します。
  • exp(指数)
    • aにはスケールパラメータを指定します。
  • f (F)
    • aには、F分布の最初のカイ2乗変量の自由度の数を指定します。
    • bには、F分布の2番目のカイ2乗変量の自由度の数を指定します。
  • gam(ガンマ)
    • aにはスケールパラメータを指定します。
    • bには形状パラメータを指定します。
  • geo(幾何)
    • aには確率パラメータを指定します。
  • hyge(超幾何)
    • aには、母集団の要素合計数を指定します。
    • bには、成功回数を指定します。
    • cには、置換なしで抽出された項目数を指定します。
  • logn(対数正規)
    • aには、スケールまたは中央値パラメータを指定します。
    • bには形状パラメータを指定します。
  • nbin(負の2項)
    • aには、実行するベルヌーイ試行の数を指定します。
    • bには、任意のベルヌーイ試行がTRUEである確率を指定します。
  • ncf(非心F)
    • aには、非心F分布の非心カイ2乗変量の自由度の数を指定します。
    • bには、非心F分布のカイ2乗変量の自由度の数を指定します。
    • bには、非心F分布の非心カイ2乗変量の非心パラメータを指定します。
  • nct(非心T)
    • aには自由度の数を指定します。
    • bには非心パラメータを指定します。
  • ncx2(非心カイ2乗)
    • aには自由度の数を指定します。
    • bには非心パラメータを指定します。
  • normj(正規)
    • aには、位置または平均パラメータを指定します。
    • bには標準偏差パラメータを指定します。
  • poiss(ポアソン)
    • aには平均パラメータを指定します。
  • rayl(レイリー)
    • aにはスケールパラメータを指定します。
  • t (T)
    • aには自由度の数を指定します。
  • unid(離散一様)
    • aには振幅パラメータを指定します。
  • unif(一様)
    • aには下限パラメータを指定します。
    • bには上限パラメータを指定します。
  • weib(ワイブル)
    • aには位置パラメータを指定します。
    • bには形状パラメータを指定します。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

R = random('chi2', 3, 5, 6)

関連項目

rand



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった