rc_to_ac(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: modeling and prediction

要件:MathScript RTモジュール

構文

r = rc_to_ac(k, r0)

従来名: rc2ac

説明

反射係数入力シーケンスから自己相関シーケンスを生成します。LabVIEWは、rc_to_poly関数とレビンソン近似を使用してrに自己相関係数を生成します。

サンプル

入力

名前 説明
k 反射係数を指定します。
r0 自己相関シーケンスのゼロラグを指定します。

出力

名前 説明
r 自己相関シーケンスを返します。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

r = [1, 3, 2, 4];
n = 3;
[a, err, k] = levinson(r, n);
rr = rc_to_ac(k, r(1))

関連項目

ac_to_rc
poly_to_rc
rc_to_is
rc_to_lar
rc_to_poly



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった