realifft(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: transforms

要件:MathScript RTモジュール

構文

c = realifft(a)

c = realifft(a, b)

c = realifft(a, b, d)

c = realifft(a, [], d)

説明

出力が実数である逆高速フーリエ変換(FFT)を計算します。realifftは、「逆FFT」VIと同じ方法で逆離散フーリエ変換を計算します。

サンプル

入力

名前 説明
a ベクトルまたは行列を指定します。
b 信号のゼロパッドを調整します。bは整数で、通常は2の累乗です。
d IFFTを実行するaの次元を指定します。 dは整数です。
[] adを指定し、bを指定しないことをLabVIEWに認識させます。

出力

名前 説明
c aの実数逆高速フーリエ変換を返します。aがベクトルの場合、c = realifft(a)は元の実数逆離散フーリエ変換(IDFT)を返します。aが行列の場合、c = realifft(a)aのすべての列の列単位の実数IFFTを返します。 cは行列またはベクトルです。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

A = [10, -2+2i, -2, -2-2i]
C = realifft(A, 8)

関連項目

fft
fft2d
ifft2d
realifft2d



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった