return (MathScript RTモジュールキーワード)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: programming

要件:MathScript RTモジュール

構文

return

説明

発呼者に強制的に戻ります。これにより関数の実行は停止します。通常は、LabVIEWによる関数実行が完了すると発呼者に戻ります。

サンプル

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

パフォーマンス低下の要因となる(警告グリフ はい
LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる いいえ

サンプル

以下のスクリプトを、LabVIEW Dataディレクトリにsquareroot.mとして保存します。

function value = squareroot(x)
% This is a function definition.
     if x<0
          value = 0;
     return
     else
          value = sqrt(x)
     end

squareroot.mを保存した後、LabVIEW MathScriptウィンドウまたはMathScriptノードで以下のコマンドを呼び出します。

squareroot(-8)
squareroot(25)

関連項目

break
continue
for
while



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった