rref(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: linalgebra

要件:MathScript RTモジュール

構文

[r, jb] = rref(a)

[r, jb] = rref(a, tol)

説明

部分枢軸選択によるガウス消去法によって被約階段行列を計算します。

サンプル

入力

名前 説明
a 実行列または複素行列を指定します。
tol 順位検定の許容誤差を指定します。tolは正の数です。デフォルトは1e-16*m*n*infnormです。このとき、maの行数、nがはaの列数、infnormaの無限ノルムです。tolが0以下の場合は、デフォルト値が使用されます。

出力

名前 説明
r aの被約階段行列を返します。
jb r(1:len, jb)がrxrの単位行列となるような指標ベクトルを返します。このとき、len = length(jb)で、a(:, jb)はaの範囲の基底です。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

[R, JB] = rref([1, 2; 4, 1])

関連項目

null
orth
qr
rank
svd



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった