rt (MathScript RTモジュールクラス)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

要件: Real-TimeモジュールおよびReal-Time実行トレースツールキットおよびMathScript RTモジュール

MathScript関数のrtクラスのメンバーを使用して、リアルタイムターゲットでデバックおよび高精度なタイミング操作を実行します。たとえば、実行トレース関数を使用して、MathScriptノード内でジッタのソースを絶縁します。

関数 説明
rt_debugoutput 標準RTターゲット出力デバイスに文字列を送信
rt_loadsend トレースセッションファイルをロードして、セッションデータをホストコンピュータに送信
rt_loguserevent トレースセッション中にユーザ定義イベントをログ
rt_starttrace RTターゲットでトレースセッションのログを開始
rt_stopsave トレースセッションを停止して、セッションデータをRTターゲットに保存
rt_stopsend トレースセッションを停止して、セッションデータをホストコンピュータに送信
rt_tickcount 自走カウンタの値を返す
rt_wait 特定の時間遅延させる
rt_waitmultiple クロックが特定のタイミングの倍数に達するまで遅延させる


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった