rt_stopsave(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: rt

要件: Real-TimeモジュールおよびReal-Time実行トレースツールキットおよびMathScript RTモジュール

構文

rt_stopsave(filepath)

説明

RTターゲットで実行するアプリケーションからのデータのロギングを停止して、指定したパスでRTターゲットにトレースセッションを保存します。この関数はトレースデータのロギングを停止しますが、ターゲットを実行するまでトレース実行は継続されます。

詳細

サンプル

入力

名前 説明
filepath トレースセッションファイルが保存される場所をRTターゲットで指定します。filepathは文字列です。完全なパスを指定する必要があります。この関数は相対パスをサポートしません。

詳細

(Real-Time Execution Traceツールキット)この関数は、「TraceTool Stop Trace and Save」VIと同等です。 この関数は実行トレースキットVIと同時に使用することができます。たとえば、「TraceTool Start Trace」VIを使用して、MathScriptノードに入る前にトレースセッションを開始し、rt_stopsave関数を使用してトレースセッションを終了することができます。ただし、この関数を使用するには、Real-Time Execution Trace(Real-Time実行トレース)ツールキットをインストールしてアクティブ化する必要があります。

デバッグを無効にしたMathScriptノードからこの関数を呼び出すと、ノードのランタイムパフォーマンスがやや低速になります。このため、VIのタイミングと実行特性が、この関数以外のトレース機能を使用した場合と異なる結果となります。この問題を回避するには、実行トレースツールVIをMathScriptノードの外に配置してください。

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

rt_starttrace(true, 400000);
A = rand;
B = rand;
C = A*B;
rt_loguserevent(1);
A = B*C;
B = A*C;
C = A*B;
rt_loguserevent(2);
rt_stopsave('c:\tracelogs\mytrace.log');

関連項目

rt_loadsend
rt_loguserevent
rt_starttrace
rt_stopsend



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった