schur(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: linalgebra

要件:MathScript RTモジュール

構文

d = schur(a)

d = schur(a, option)

[c, d] = schur(a)

[c, d] = schur(a, option)

説明

正方行列のシューア分解を返します。正方行列Aのシューア分解は、A = CDCHで定義されます。このとき、Dはシューア行列、CHは行列Cの共役転置です。

サンプル

入力

名前 説明
a 実数または複素数の正方行列を指定します。
option 生成する分解のタイプを指定します。 optionは以下の値を受け入れる文字列です。

'complex' aの複素分解を生成します。
'real' aの実数分解を生成します。LabVIEWは、dの1x1および2x2の対角ブロックに実数固有値と複素固有対を配置します。

出力

名前 説明
d 主対角要素がすべて1x1または2x2のブロック実数シューア上三角行列を返します。aが複素数の場合、dは複素シューア上三角行列を返します。
c aと同じサイズの直交行列を返します。aが複素数の場合、cはユニタリ行列を返します。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる はい
RTで制限付きの実行時間に適する 特性なし

サンプル

A = [1, 2, 3; 4, 5, 6; 7, 8, 9]
[C, D] = schur(A)

関連項目

ac_to_rcschur



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった