soundscaled(MathScript RTモジュール関数)

LabVIEW 2012 MathScript RTモジュールヘルプ

発行日時: June 2012

製品番号: 373123C-0112

»製品情報を参照
ヘルプをダウンロード(Windowsのみ)

所有クラス: audio

要件:MathScript RTモジュール

構文

soundscaled(a)

soundscaled(a, fs)

soundscaled(a, fs, bits)

従来名: soundsc

説明

ベクトルの内容を再生します。LabVIEWは信号を自動的にスケールし、信号の中央値を0に正規化します。

入力

名前 説明
a 再生する内容を指定します。aがベクトルの場合、出力は1つのチャンネルで再生されます。aが行列の場合、出力は2つのチャンネルでステレオ方式で再生されます。aは実数または複素数のベクトルです。
fs サンプリング周波数を指定します。fsの有効な値は8000、11025、22050、44100 Hzです。fsはスカラです。
bits 有効なビット数を指定します。bitsは正の整数です。デフォルトは16です。

詳細

次の表には、この関数のサポート特性 が記載されています。

LabVIEWランタイムエンジンでサポートされる はい
RTターゲットでサポートされる いいえ

関連項目

beep
sound
wavplay
wavrecord



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった